Prism Japanサービス・アプリ利用規約

Prism Japan サービス・アプリ利用規約(以下「本規約」といいます。)は、トヨタファイナンシャルサービス株式会社(以下「当社」といいます。当社の住所及び代表者氏名については、当社の会社概要(https://www.tfsc.jp/corporate/index.html)をご覧ください。)が運営・提供するアプリケーション「Prism Japan」の利用条件及び当社による個人情報の取扱いに関する事項を定めるものです。当社による個人情報の取扱いに関する事項については、本規約第8条から第14条の規定をご確認ください。なお、本規約において「個人情報」とは、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)第2条第1項に定める個人情報をいいます。

第1条(本規約の適用)

  1. 本規約は、Prism Japanの提供及び利用に関して、Prism Japanをご利用になるお客様(以下「利用者」といいます。)と当社との間の関係一切に適用されます。また、Prism JapanのWeb上の問い合わせページ(https://ppap.kinto-jp.com/support/support.html)を経由して当社に問い合わせをいただいた、Prism Japanを利用していないお客様(以下「問い合わせ者」といいます。)と当社との間の関係には、本規約第8条乃至第10条、及び第12条乃至第14条が適用されます。
  2. 利用者が未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意(本規約への同意を含みます。)を得た上でPrism Japanを利用するものとします。また、本規約に同意した時点で未成年者であった利用者が、成年に達した後にPrism Japanを利用した場合には、未成年者であった間の利用行為を追認したものとみなします。

第2条(定義)

    (1) Prism Japan:利用者が当社に提供する、利用者の画像、登録された嗜好情報、その時の気分などの情報に基づいて、AI(人工知能)が利用者にお出かけの行き先を提案するスマートフォン向けアプリケーション及びそのサービス
    (2) Prism Japan対応端末:利用者自身が管理使用するスマートフォンのうち、Prism Japanを利用することができる機種として当社が指定した機種の総称
    (3) 外部サービス:Prism Japanと連携し当社以外の第三者が提供する個々のコンテンツ及びサービス
    (4) 外部サービス事業者:外部サービスを提供する事業者
    (5) 当社グループ会社:当社の親会社であるトヨタ自動車株式会社並びにその子会社(当社を除く)及び関連会社

第3条(本規約の成立及び変更)

  1. 利用者は、本規約の各条項を承諾のうえ、Prism Japanのアプリケーション画面により、当社に対してPrism Japanの利用を申し込むものとします。
  2. 前項に基づく利用者の利用申込み後にPrism Japanの利用ができる状態になった時点で、当社が利用者によるPrism Japanの利用申込みを承諾したものとみなします。また、この時点において、利用者と当社との間で本規約に基づく契約関係が成立するものとします。
  3. 当社は、本規約を変更する場合、Prism Japanアプリケーション又は当社ウェブサイト等の適宜の場所での提示その他の適切な方法により、変更後の本規約の内容及びその効力発生日を利用者に周知するものとし、当該効力発生日に本規約は変更されたものとします。但し、法令上、本規約の変更に利用者の同意が必要となる場合には、当社所定の方法により、当該変更につき利用者の同意を得るものとします。

第4条(利用の拒否・停止)

  1. 当社は、利用者が任意にPrism Japanの申込みに必要な記載事項の一部又は全部を入力等しない場合及び本規約に承諾しない場合、Prism Japanの提供を行わないものとします。
  2. 当社は、利用者が次のいずれかに該当する場合、Prism Japanの利用開始後であってもPrism Japanの提供を停止することがあります。
    (1) 本規約に違反した場合
    (2) 本規約の違反等により、過去にPrism Japanの利用を停止されたことがあることが判明した場合
    (3) Prism Japanの利用申込みに虚偽、誤記があることが判明した場合
    (4) 当社が提供する他のサービスの利用規約に違反したことがあることが判明した場合
    (5) Prism Japanを不正に利用した場合
    (6) Prism Japanの運営を妨害した場合
    (7) 反社会的勢力又は反社会的勢力と密接な交友関係を有する者に該当する場合。なお、本規約において反社会的勢力とは以下のいずれかを指します。
    (8) 自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた要求行為、脅迫的な言動もしくは暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計もしくは威力を用いて当社の信用を毀損し、もしくは当社の業務を妨害する行為、又はこれらに準ずる行為を行った場合
    (9) 利用者が、当社の取り扱う利用者の個人情報のうち、Prism Japan又は外部サービスの運営又は提供に必要な情報について、利用停止、消去又は第三者提供の停止の請求を行った場合
    (10) その他、当社が利用者として不適当と判断する場合
  3. 利用者は、次の各号の場合には、Prism Japan及び外部サービスの全部又は一部が利用できない場合があります。
  4. (1) 利用者の届け出た情報の内容に誤りのある場合
    (2) Prism Japan対応端末又はその他周辺機器等が正しく設置もしくは接続されていない場合、又は故障、損壊、不具合等(Prism Japan対応端末を不正に改造した場合を含みます。)があり正常に作動しない場合、又はこれらの組み合わせにおいて不適合である場合、もしくはPrism Japan又は外部サービスの利用に障害となるような機能設定をしている場合
    (3) Prism Japan対応端末又はその他周辺機器の取扱説明書等に記載されている事項を遵守しなかった場合
    (4) Prism Japan対応端末の電池切れ等、端末又はその他周辺機器等に電力が正常に供給されていない場合
    (5) Prism Japan対応端末又はその他周辺機器等の電源が入っていない場合

第5条(利用条件等)

  1. Prism Japanは、通信回線を経由し、利用者がPrism Japan対応端末にPrism Japanのアプリケーションをダウンロードし、インストール後、当社所定の手続きを行うことにより利用できるサービスです。
  2. 当社は、利用者に対し、本規約の定めに従い、Prism Japan対応端末に限り、Prism Japanを使用する権利を許諾し、利用者は、本規約に従うことを条件に、Prism Japanを利用することができます。
  3. Prism Japanは、利用者本人のみが利用することができます。当該利用者以外の第三者がこれらを利用した場合、当社は、当該利用者及び当該第三者に対して、何らの責任を負いません。
  4. 当社又は第三者により、Prism Japanと連携する外部サービスが提供される場合があります。
  5. 利用者が外部サービスを利用する場合、外部サービスの利用にかかる契約は、本規約とは別に、外部サービス事業者との間で直接成立します。外部サービスの利用にかかる契約は、利用者と外部サービス事業者との間で直接成立しますので、当社は、外部サービスについて、動作保証・品質保証その他一切の責任を負うものではなく、また、外部サービス又はその利用に関して利用者に損害等が発生した場合であっても、一切の責任を負いません。
  6. 利用者と外部サービス事業者との間で紛争が生じた場合は、利用者と当該外部サービス事業者との間で解決するものとし、利用者は、当社に何らの請求又は苦情を申し立てないものとします。
  7. 外部サービス事業者の判断により、利用者への通知なく、Prism Japanと外部サービスとの連携機能が制限され、又は利用できなくなることがあります。当該制限又は利用できなくなったことによる損害について、当社は一切の責任を負いません。

第6条(注意事項)

利用者は、Prism Japanを利用するにあたり、利用者の安全のために以下の事項を了承し、又は遵守するものとします。

  1. 総則
    (1) Prism Japan対応端末の電波の受信状況その他Prism Japan対応端末の機能上の制限又は利用者によるPrism Japan対応端末の設定により、Prism Japanが提供するサービス及び外部サービスを受けられないことがあります。
    (2) Prism Japanにおける地図、施設、イベント等に関する情報(以下、併せて「本サービス情報」といいます。)は、実際の情報と異なる場合や内容が正確でない場合があります。また、本サービス情報は、利用者への通知なしに変更されることがあります。
    (3) Prism Japanが対象としている国又は地域のうち、本サービス情報の提供を受けられない場所が一部あります。
  2. 自動車・自転車・徒歩等
    (1) 自動車、原動機付自転車、自転車その他の車両の運転中又は歩行中のPrism Japan対応端末の操作や画面の注視は大変危険を伴い、道路交通法その他の法令に違反する可能性があるため、Prism Japanの利用は、必ず安全な場所に止まってから行ってください。
    (2) 本サービス情報その他のPrism Japanが提供する情報は参考情報であることを理解し、必ず実際の歩道や道路の状況、道路標識、道路標示、及び、その他の交通規制や交通ルールを優先してください。
    (3) 本サービス情報その他のPrism Japanが提供する情報のうち、交通規制に係る情報は、原則、普通自動車のみを対象としたものであり、大型自動車、自動二輪車等を対象としたものではありません。
    (4) 歩行者天国の実施、冬季中の閉鎖、時間帯による交通規制等により、実際には通行できない道路を通行可能な道路として表示、案内等することがあります。
    (5) 実際には歩行者が横断できない道路を横断できる道路として表示、案内等することがあります。
    (6) Prism Japanを利用して消防、警察又は救急医療施設等への誘導を行わないでください。
  3. その他
    施設に関する情報は、名称、住所、電話番号等が変更されている場合や、施設そのものが存在しない場合があります。イベントに関する情報は、開催日時、場所等が変更されている場合があります。

第7条(利用料金)

利用者は、Prism Japanを無料で利用することができます。ただし、Prism Japanの利用に関する通信料はアプリ利用者の負担となります。

第8条(個人情報の取得)

当社は、Prism Japanを提供するにあたり、利用者(問い合わせ者を含みます。以下、本条乃至第10条、及び第12条乃至第14条において同じです。)から、以下の情報を含む個人情報を取得します。

第9条(個人情報の取り扱い)

当社は、利用者の個人情報の取り扱いについて、本規約及び日本の個人情報保護関連法令に基づき、適切に取り扱うものとします。 なお、当社による個人情報の取り扱いについてのお問い合わせは、以下にお願いいたします。
prism-support@kinto-technologies.com

第10条(個人情報の利用目的)

Prism Japanにおいて取得した利用者の個人情報は、以下の目的に利用します。

第11条(個人情報の確認、変更、削除)

利用者は、登録した自己の個人情報を、Prism Japan所定の手続きに従って、確認、変更、削除することができます。なお、サーバー又はネットワークのメンテナンス又は障害等の場合には、一時的に確認、変更、削除ができないことがあります。

第12条(個人情報の第三者への提供)

  1. 当社は、以下に定める利用目的の範囲内で、国内の当社グループ会社又は国内の外部サービス事業者(以下、総称して「提供先」といいます。)に対して、利用者の個人情報を提供することがあります。また、提供先の一つであるトヨタ自動車株式会社は、当社から提供を受けた利用者の個人情報を、本項第6号に定める利用目的の範囲内で、株式会社豊田中央研究所その他データの分析・研究等を行う国内の研究機関等に対して提供することがあります。利用者はこれを承諾するものとします。
    (1) 当社及び提供先の取り扱う商品・サービスの提供及び運営のため(例えば、以下のような場合に第三者提供を行うことがあります。)
     ①利用者が地図・投稿の表示等の外部サービスを利用する場合
     提供する情報の項目の例:利用者の位置情報
     提供先:当該外部サービスを提供する外部サービス事業者

     ②利用者がPrism Japan内でアップロードした内容を別途外部サービスを利用してアップロードする場合
     提供する情報の項目の例:利用者の位置情報
     提供先:当該外部サービスを提供する外部サービス事業者
    (2) 当社及び提供先の取り扱う商品・サービスに関するお問い合せへの対応のため
    (3) 当社及び提供先の取り扱う商品・サービス又は各種イベント・キャンペーン等のご案内のため
    (4) 当社及び提供先の取り扱う商品・サービスの企画開発、改良、改善及び品質向上のため
    (5) 当社及び提供先の取り扱う商品・サービスの企画開発、品質向上、お客様満足度向上等のためのアンケート調査の実施のため
    (6) 当社及び提供先の取り扱う商品・サービスの企画開発、改良、改善及び品質向上を目的とした新技術の研究開発(顧客傾向分析、商品特性分析、因果推論等を通じて行う、商品推薦・マッチング、顧客の嗜好に応じた情報提供及びAIの信頼性・公平性等に関する新技術の研究開発を含みます。)のため
  2. Prism Japanは、以下の情報収集モジュールを組み込んでおり、以下のサービス提供者は、各情報収集モジュールを通じて、検索条件、IPアドレス、緯度/経度の座標、ウェブサイトの閲覧履歴及び購買履歴その他単体では個人を識別することができない行動履歴情報、属性情報、並びに端末を識別する IDFA(iOS 端末)及びAAID(Android 端末)を収集することがあります。また、これに伴い、当社から、これらの情報を以下のサービス提供者に送信する場合があります。そのため、利用者は、以下のサービス提供者がこれらの情報を、情報収集モジュールを通じて又は当社から送信を受けて取得すること、及び以下のプライバシーポリシー等に従い、以下のサービス提供者及びその関連会社が自社のサービスを提供・改善するために、これらの情報を使用し、保持することを承諾します。
    (1) Google Maps Platform
    (2) Google Analytics
    (3) Firebase
    (4) Tealium
  3. 前2項を除いて利用者の個人情報を第三者へ提供する場合、当社は、利用者のアプリケーション画面により、利用者に個別の承諾を得ることを原則とします。但し、法令に基づく場合、利用者、当社、又は第三者の生命、身体又は財産を保護するために必要であって利用者の同意を得ることが困難な場合など、日本の個人情報保護関連法令が認める場合には、利用者の承諾を得ることなく、第三者に対して利用者の個人情報を提供することがあります。

第13条(個人情報の安全管理措置)

当社は、利用者の個人情報の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の利用者の個人情報の安全管理のために、必要かつ適切な措置を講じています。当社が講じる安全管理措置の内容については、本規約第9条に定める問い合わせ窓口にお問い合わせください。

第14条(個人情報の取扱いの委託について)

当社は、第10条記載の利用目的の達成に必要な範囲内において、利用者の個人情報の取扱いの全部又は一部を、第三者に委託する場合があります。この場合、当社は当該委託先に対して、個人情報の保護措置を講じた上で当該個人情報を預託するとともに、当該委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。

第15条(ID・PWの管理責任)

  1. 利用者は、Prism Japan又は外部サービスの利用にあたって必要となる自己のID、パスワードその他の暗証番号(以下、併せて「ID等」といいます。)を、自ら責任をもって管理するものとし、そのID等を使用してなされた一切の行為及びその結果について、その行為を自ら行ったか否かを問わず一切の責任を負うものとします。
  2. 利用者は、自己のID等を第三者に貸与し、又は使用させることはできないものとします。利用者のID等が第三者に使用されたことにより利用者又はその他の者が損害を被った場合であっても、その原因を問わず、当社は一切の責任を負わないものとします。
  3. 利用者は、他の利用者のID等を使用してPrism Japanを利用することはできないものとします。利用者が他の利用者のID等を使用してPrism Japanを利用した場合、利用者はそれによって当社に生じた一切の損害を直ちに賠償するほか、発生した一切の紛争をその責任と負担において解決するものとします。

第16条(知的財産権)

  1. Prism Japan及び外部サービスで提供されるテキスト、画像、写真、音声及び動画等の情報(以下「著作物等」といいます。)に関する著作権、商標権、意匠権等の知的財産権は、当社又は外部サービス事業者に帰属しています。利用者は、Prism Japanを通じて入手した著作物等を、Prism Japan内で明示的に許諾した範囲、又は著作権法で認められた私的使用の範囲内でのみ利用できることとします。
  2. 利用者から、Prism Japan及び当社に寄せられた提案、感想、又はその他の意見については、当社及び当社グループ会社において無償で自由に利用することができるものとします。

第17条(禁止事項)

  1. 利用者は、Prism Japanの利用にあたり、以下に定める行為を行わないものとします。
    (1) 当社もしくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権、その他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
    (2) 第三者に関する情報を当該第三者に無断でPrism Japan内で登録もしくはアップロードする行為その他第三者の個人情報その他プライバシーを侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
    (3) 第三者にPrism Japanを利用させる行為
    (4) Prism Japanへの不正アクセス、不正攻撃又はそのおそれのある行為
    (5) Prism Japanの提供を不能にすること、その他Prism Japanの提供及びその運営に支障を与える行為、又はそのおそれのある行為
    (6) 当社もしくは当社グループ会社の営業活動を妨害する行為、又は妨害するおそれのある行為
    (7) 当社もしくは第三者に不利益もしくは損害を与える行為、又はそのおそれのある行為
    (8) 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、又はそのおそれのある行為
    (9) Prism Japanを利用することによって得られる一切の情報を業として利用する行為又は方法の如何を問わず第三者の利用に供する行為
    (10) Prism JapanをPrism Japan対応端末以外の端末(Prism Japan対応端末を不正に改造した端末を含みます。)で利用する行為
    (11) Prism Japanのアプリケーションの逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリング行為
    (12) Prism Japanを、他のアプリケーション、サービスと組み合わせて利用する行為(外部サービスを除きます。)
    (13) 著作物等を削除又は改変する行為
    (14) 本規約に違反する行為
    (15) 暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動もしくは暴力を用いる行為、又は、風説を流布し、偽計もしくは威力を用いて当社の信用を毀損し、もしくは当社の業務を妨害する行為
    (16) Prism Japanのサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接又は間接に利益を供する行為
    (17) 法令、もしくは公序良俗に違反する行為、又は違反するおそれのある行為
    (18) その他、当社が不適当と判断する行為
  2. 利用者は、Prism Japanにかかる契約上の地位の全部又は一部を第三者に譲渡し、承継させ、又は担保に供することはできません。

第18条(外部サービスとの連携の終了)

当社は、利用者へ通知することなく、Prism Japanと外部サービスとの連携を終了することができるものとします。

第19条(Prism Japanの提供及び本規約の終了)

  1. 当社は、利用者へ通知することなく、Prism Japanの提供を終了することができるものとします。Prism Japanの提供を終了する場合、本規約は、Prism Japanの提供終了と同時に終了します。
  2. 前項の規定にもかかわらず、本規約第5条第3項、第5項乃至第7項、第8条乃至第16条、第17条第2項、本条、第20条、第22条、並びに第23条乃至第25条は本規約終了後も有効に存続するものとします。

第20条(Prism Japanの提供終了後の措置)

当社は、Prism Japanの提供終了後は、速やかにPrism Japanにおいて取得した利用者の個人情報を削除します。個人情報に該当しない情報は統計資料等により利用を継続する場合があります。

第21条(Prism Japanの一時的な中断)

  1. 当社は、次のいずれかに該当すると判断した場合には、利用者へ通知することなく、Prism Japanの提供を一時的に中断することがあります。
    (1) Prism Japanのシステム保守を定期的に、又は緊急に行う場合
    (2) 火災、停電、戦争、暴動、騒乱、労働争議などによりPrism Japanの提供ができなくなった場合
    (3) 地震、落雷、噴火、洪水、津波などの天災によりPrism Japanの提供ができなくなった場合
    (4) Prism Japanに用いる通信サービスが停止し、又は障害が発生した場合
    (5) Prism Japan対応端末の使用環境その他の事情により通信障害が生じた場合
    (6) その他、運用上又は技術上、当社がPrism Japanの提供を一時的に中断する必要がある場合
  2. 当社は、Prism Japanの一時中断のお知らせや利用者へのお知らせを行う場合、当社が適当と判断する方法で利用者にその旨を通知します。但し、緊急の場合又はやむを得ない事情により通知できない場合は、この限りではありません。

第22条(損害賠償等)

  1. 利用者が本規約もしくは外部サービスにかかる規約に反した行為、又は不正もしくは違法な行為によって当社又は当社グループ会社に損害を与えた場合、利用者は直ちに当社又は当社グループ会社に生じた損害を賠償するものとします。
  2. 利用者がPrism Japan又は外部サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、利用者は自己の責任と負担をもって解決し、当社には一切損害を与えないものとします。

第23条(サービス利用についての不保証)

  1. 当社は、Prism Japan及び外部サービスの利用又はそのサービス提供の有用性及び正確性について保証しません。
  2. Prism Japan対応端末、Prism Japanアプリケーション又はPrism Japan対応端末のOSのバージョンアップの有無等によって、利用者が利用できる各種機能の内容が異なる場合があり、当社は、利用者に対してPrism Japanの全ての機能を利用可能であることを保証しません。
  3. 当社は、Prism Japanで使用する地図情報の完全性・有用性・正確性・即時性等を保証するものではありません。

第24条(GPS取得精度についての不保証)

Prism Japanにて用いる位置情報とは、Prism Japan対応端末に搭載されるGPS機能で取得した緯度・経度情報及び基地局の情報(GPS機能を有していないPrism Japan対応端末の場合は、基地局の情報のみを用います。)を指します。Prism Japan対応端末に搭載されるGPS機能は、衛星からの電波を利用しているため、建物の中、高層ビル群地帯、高圧線の近く、密集した樹木の近くではGPSの電波を受信しにくい、もしくは受信できない場合があり、このような場合は基地局の情報のみを用いて位置の測位を行います。また、基地局の設置状況又はPrism Japan対応端末の電波状況により基地局情報を正確に取得することができない場合があります。これらの場合、位置情報と実際の位置に大きな誤差が生じることや、位置情報を得られないことがありますが、当社は、利用者の位置情報の取得の可否及びその正確性について一切保証せず、何ら責任を負わないものとします。

第25条(免責)

  1. 当社は、Prism Japan又は外部サービスの利用に起因して利用者に生じたあらゆる不利益又は損害(本規約第4条、第18条、第19条又は第21条に基づいて、Prism Japanの提供又はPrism Japanと外部サービスとの連携を停止、変更又は終了することに起因して生じた不利益又は損害を含みます。)について、利用者に対して何らの義務も責任(損害賠償責任を含みます。)も負わないものとします。但し、Prism Japanに関する当社と利用者との間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、本項は適用されません。
  2. 前項但し書に定める場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行為により利用者に生じた損害のうち、間接損害、逸失利益に係る損害及び特別な事情から生じた損害(当社又は利用者が損害発生につき予見し、又は予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。

第26条(準拠法・合意管轄)

本規約の解釈及び本規約上の紛争解決に関する準拠法は日本法とし、本規約及びPrism Japanに関する法的紛争の一切に関しては、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

施行日・改定日
2022年8月9日 施行